2019.04.19イベント

(募集終了)第13回デフ・メロウ・キャンプのお知らせ 募集始まりました!

(募集終了しました。多くの応募をありがとうございました。)

デフ・メロウ・キャンプ 募集が今日から始まりました。

今年の夏、30人の子供たちと過ごす濃厚な二泊三日を過ごすためにも!

ぜひ奮ってご応募ください✨

スタッフ一同、この企画に力を入れており、子どもたちと一緒に真夏の最高な思い出つくりができるよう、会議や下見を行ってきました。

今回も大人気のカヌー体験もあります♪

今年も是非皆様からのご応募をお待ちしています!!

 

〜 デフ・メロウ・キャンプについて 〜

 

日時:2019年8月2日(金)~ 4日(日)2泊3日

8月2日 AM08:30 多摩信用金庫 八王子駅前支店前 集合

8月4日 PM16:30 多摩信用金庫 八王子駅前支店前 解散

※ バス会社の都合で集合解散場所が変わる可能性もあります。

※ その時に参加者の皆さんへ連絡いたします。

 

場所  紅葉台キャンプ場

〒401-0332 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2202

http://www.koyodai.info/

 

参加対象  小学2〜6年生のろう児およびその兄弟・姉妹

活動内容  カヌー体験 オリエンテーリング、木工細工体験

定員  30名(抽選方式)

参加費  29,000 円(交通費込)

※20名に満たない場合は中止

締切日  5月26日(日)

 
 

お問い合わせ先

 

2019.04.04お知らせ

しゅわえもんのロゴが新しくなりました!

しゅわえもんは、耳の聞こえない子どもたち、その子どもたちに関わるすべての方たちが、お互いを尊重し合い、自分の個性を輝かせ、自分の力を発揮し、社会に羽ばたけるようにサポートしていきたい、みんなのオアシスの場になれば、という願いを込めて2005年8月に創立しました。

人と人とのふれあう場、自然とふれあう場を提供し、ひとりひとりが輝ける原動力につながることを願い、教育支援団体として活動を重ねてきました。2007年5月には特定非営利活動法人として認証されました。

2020年8月に創立15周年を迎えます。

賛助会員の方々、スタッフをはじめ、多くの方々のご協力があってこそ、ここまでやってくることができました。

応援していただき、大変感謝しています。

さらなる発展を目指して、ロゴもシンプルでわかりやすいデザインに一新することにしました。

「しゅわえもん」の新ロゴとして、両手を重ねた10本の指をモチーフにしたデザインへ。

いろいろな方向に伸びた指は「成長」「個性」「多様性」などを意味し、カラフルな塗り絵のような色使いでワクワク感を出してみました。

しゅわえもんのコンセプト:『ろう×手話×教育』一人一人が輝く

・手話を使い、その場で新たな関わりとコミニュケーションを創り出す場所を提供

・子どもも大人もお互いを尊重しあい、自分の力を発揮できる場所を提供

併せて、HPもリュニーアルいたしました。

これからもしゅわえもんの活動を投稿していきますので、今後とも変わらぬ応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2019.02.16イベント

(締め切りました)第13回デフ・メロウ・キャンプ スタッフ募集開始

第13回デフ・メロウ・キャンプ スタッフ募集開始のお知らせです。
★instagramにムービーあります!★
実行委員の大石鮎美さん、竹村祐樹くんが宣伝しています〜!
https://www.instagram.com/p/Bt6x7DfhxBD/

★応募条件★
①18歳以上であること
②スタッフ全員での会議の日程全てに参加できること
③子どもが大好きであること
④手話でのコミュニケーションが取れること
この4つをクリアしているそこの貴方!
ぜひ今年2019年の夏、デフメロウキャンプスタッフとして私たちと一緒に活動しませんか?

★日程★
2019年8月3日(金)〜4日(日)
in 山梨県 紅葉台キャンプ場
富士山、西湖のすぐそばにあるキャンプ場です!
新しい年号になってすぐの夏を、私たちと一緒に楽しく盛り上げましょう〜!
きっとこの経験は、人生にとってかけがえのないものになるでしょう。
スタッフとして応募したい方は、ぜひ下記URLからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/ixLguGsvwabL7LD92
申し込み方法はグーグルフォームへの記入と手話動画の二段階あります。

★定員・締切★
定員 9名
申し込み〆切日 2019年3月16日(土)
実行委員全員、皆さまのお申し込みをお待ちしております。

『人は人と関わることで生きている。自分よりすぐれた人 、尊敬できる人と一緒に生きることができれば 、自分も少しずつ向上できる。』
~ウォーレン・バフェット(投資家)~