代表理事の挨拶

 


※前代表理事の竹内かおりは理事として、しゅわえもんの発展のために一緒に活動していきます。


しゅわえもんの目的 

すべての子どもたちが、お互いに尊重しあい、自分の個性を
輝かせ、自分の力を発揮し、社会に羽ばたく人になるように
サポートする事を目的とする。

 

特定非営利活動法人しゅわえもんとは? 

NPO 法人しゅわえもんは、耳の聞こえない子どもたち、その
子どもたちに関わるすべての方たちが、お互いを尊重し合い、
自分の個性を輝かせ、自分の力を発揮し、社会に羽ばたけるよう
にサポートしていきたい、みんなのオアシスの場になれば、
という願いを込めて2005年8月に設立しました。
人と人とのふれあう場、自然とふれあう場を提供し、
一人ひとりが輝ける原動力につながることを願い、教育支援団体として
活動を重ねてきました。2007 年5月にはNPO法人として認証され、
新たなるスタートを開始し、現在に至っています。

 


「デフ・メロウ・キャンプ」カヌー体験

 

どのような活動を行なっているの? 

月に1回、ろう児やろう児の兄弟を対象に地域派遣(その地域
に出向いて)や、手話による絵本読み聞かせ、季節に
あわせた工作、リズム遊びを通して地域のろう児や保護者と
の交流の場を設けています。また当会主催のイベントも開催し、
クリスマス会や遠足、夏にはキャンプなどを企画しています。
また、インターネットテレビ(てれびえもん)を通してろう児
向けの番組も作成しています。数年前と比べて字幕等の情報保障が
進んでいますが、先に日本語環境から入るため、理解ができない
部分はどうしても想像しながら見なければなりません。
そこで、小さい時から手話も加えて、分かる情報をきちんと得る
ことで、子どもたちなりの力を導き出したい、との思いから、
てれびえもんを立ち上げました。まだコンテンツの量は乏しく、
制作にあたって費用面や人材面などで難しい面がありますが、
少しずつ積み重ねていき、良いものをつくっていきたいと思って
います。現在のてれびえもんは、「工作」「体を動かしたリズム
遊び」「イベントの紹介」などがあります。
今後はスタッフたちのお話も追加し、それを通して子どもたちの
視野を広げられたらと思っています。
他には、家庭教師や家庭支援として、学習や家庭内の手話による
コミュニケーションについてサポートしています。
詳細については「しゅわえもん日記」の「今までのできごと」
の中で、今まで行なってきた活動報告を行っています。ゆっくり
ご覧ください。

「今までのできごと」


「スポーツディ」スポーツ交流の様子

 

この活動が必要だと思った理由 

今の社会の中で、しゅわえもんが出来えるサポートは?と考え、
ろう学校の友達だけでなく、多くの仲間作りができる環境の提供が
大切だと感じています。
また、ろう児と青年ろう者との関わりと通し、その姿や行動を
ろう児にみてもらう事で将来への希望や生きるパワーを与えることが
できたらと思います。
更に、青年ろう者にとっても、自身の人間的成長やろう児たちへの
模範となる使命感も生まれてくるのではとの思いに至りました。
そして、世代を超えて共に生きる機会になればと思います。
活動を通して様々な人と関わりながら生きるという喜び、
生きる大切さを共有できる場にできたらと思っています。

 


「絵本ワークショップ」手話による絵本読み聞かせの様子

今後の展望について 

現在は、さまざまな技術の向上により、情報の取得が以前より
容易になってきています。そのため、それぞれの求める内容や
形態が一ヶ所に定まらない面もあり、サポートの難しさがあります。
しかし、ろう児がどのような環境にいても、障がいに関わらず、
いろいろな人と関われる自分に成長していくことが、しゅわえもんの
求めているところです。
個々のニーズに合せて、しゅわえもんとしても理念に沿ったサービスの
展開の必要性を強く感じています。
そのためには、青年ろう者スタッフが積極的に他団体と関わっていく運営
スタイルの形成が、不可欠だと考えています。
これが今後のろう社会を繁栄できる手段の一つであると思っています。



劇団しゅわえもん「ブンナよ木からおりてこい」のワンシーン

 

聞こえない子やその保護者へメッセージ 

私たちは「生きる力を育む」「人間教育」という観点から外
れずに、ろう教育を考えていく必要があると思います。それ
は、現代社会に生きる私たちが向かい合うべきものは「差異」
を認め合い、互いの「共通点」を見出していくことではないか
と思うのです。
言語の獲得は、この社会に生きる以上絶対不可欠でありますが、
長い間、ろう児を取り巻く教育は言語教育に重きを置くあまり、
大切なものがみえなくなっていたように思われます。それぞれ
の「差異」ばかりを強調し、それを「異文化」に分類されてい
ます。それは必ず出会うものですが、一つの通過点であり、安住
すべきものではないと考えます。
口話法、バイリンガル法、人工内耳など、ろう児を取り巻く教育
方法のニーズも、求める個々によって様々であり、今後も変遷して
いくことは間違いないと思います。だからこそ「差異」を「差異」と
だけで捉えるのではなく、互いの「差異」を「多様性」として学び
あい、自らを豊かにしていくことが必要なのだと思います。
生きる力を育む教育の重要な柱は「多様な文化を尊び、学ぶ、
開かれた心を養う教育」が大切なのだと思います。そのためには、
まず、私たちろう者が、今まで自分の受けてきた教育や経験の
全てをプラスに受け入れることから始まり、ここにこそ、本来の
ろう教育のスタートがあるのだと考えます。しゅわえもんに関わる
皆さんに一人一人もれなく充実した人生を全うできる環境の提供を
心がけながら、手話のわからない親子も気軽に参加し、楽しい時間を
共有できたらと思っています。大人と子どもの関係ではなく、同じ
人間として子どもたちと共に成長していくスタッフでありたいと
思います。
これからも”しゅわえもんらしさ”を探求し、社会に貢献できるように
日々努力していきますので、今後もしゅわえもんをよろしくお願い
申し上げます。 

NPO法人しゅわえもん 代表理事 野崎 誠

しゅわえもんとは

  • 代表のあいさつ
  • 組織体制
  • 事業案内
  • 応援したい方へ
  • スタッフ募集について